バイトの時に必須の麦茶

麦茶ってやっぱり夏のイメージですよね。
夏に出掛ける時に持って行くのは麦茶、バイトに行くときも
 
もちろん、他の季節に飲んじゃいけないわけではないんですけど
やっぱり暑い夏が来ると定番としてバイトのおともに
麦茶が挙げられるのではないでしょうか?

 
正直、昔に比べおいしくなったような気がします。
別にそのまま飲めなかったわけではないと思うのですが
小さな子どもの頃は砂糖を入れて飲んでいたこともありました。

 
暑い夏にあまり甘い物を飲むとベタベタして、逆効果になると思うので
それでも甘いのを飲んでいたって事は、それほど味がついていいないとか
おいしくなかったか、子どもだったので普通の状態では
のめなかったのかのどれかだろうと思います。
しかし短期のバイトで汗をかきそうな時は
甘いお茶をわざわざ作って短期のバイトにもっていくことはありますね

 
やっぱり冷たいのを飲んだ後の、スッキリというか爽快感を求めて
麦茶を飲むんでしょうね。
炭酸飲料も爽快感は味わえると思いますが
甘い味だと、ちょっとベトベトしたりして
まだ口の中をスッキリさせたくなって他のものを飲みたくなったりしませんか?

 
ただ割合を間違えると、濃かったり、薄かったりする場合もありますが
人によってはわざとそうしている場合もありそうですよね。
濃い味のほうが麦の味はしっかりしますが
薄い方がさっぱりしているという人もいるくらいですからね。

 
自分の好みの割合に水で薄めると
ミネラルの摂取は少なくなったりするのかもしれませんが
麦茶を飲む時にミネラルの事は正直あんまり考えていないのではないでしょうか?
麦茶を飲むのが減ってくると
徐々に、秋が近づいているということになるんでしょうね。

水族館のバイトもいいな

昔に比べると、水族館がメディアに登場するのって多くなったような気がします
子どもの頃、今ほど充実してた水族館がなかったっていうことですかね?
遠足で1回だけ行った事があるような記憶がありますが
それも確かな記憶ではないので・・・

 
イルカのショーを見たような
でもその記憶はテレビで見たのかもしれないという記憶のような・・・
あいまいな感じです
 

最近では、色々な所でかなり充実した水族館があるようで
小さい子供がいる家族連れや、デートの場所として
週末とかは大変な賑わいのようですね
 

昔のイメージだと水族館がある所って
海に近いところで公共交通機関の便とかもあまりよくないイメージでしたが
八景島などは遊園地も併設し一大アミューズメント施設として
人気のアルバイトとして地元では有名だと聞いたことがあります
 

昔は飲食店やお土産のショップなどのアルバイトの情報を
学生の時に見ていたのですが
家からも学校からも遠い所にしかなかったので
他のアミューズメントのアルバイトの方に興味をひかれていました。
 

最近の水族館は、交通の便も良い所にあるので
アルバイト先としても良いのかもしれませんね
 

大きなジンベーサメが泳いでいる施設も多くなったので
観るだけでも一見の価値がありそうです
 
 
短期のバイト募集を探すなら

晴れの日はバイト行くのがラク

一口に晴れといっても色々な種類があるようで
1日だけのアルバイトをよくする人には
ケッコー気になるのがこの天気です
 

基本的に、天気は晴れていた方が、行動は起こしやすいのですが
砂漠地帯のように、数ヶ月に1回や、年に数回しか雨が降らないで
晴天続きなんてことになると、今度は水不足になるのではないか
という別の心配事は出てきてしまいます。
 

同じ晴れという事でも、夏場の晴れの天気と
冬場の晴れの天気とでは全く異なった意味を持っているような気がします。
日本には四季があり、それぞれのシーズンでの晴れや雨、曇りなど
それぞれに違った顔をみせてくれています。
 

真夏の晴れは、気温の上昇すればするほど、私たちの体力を消耗させ
命の危険すら感じさせられることもあるくらいです。
 

冬場はの晴れは、同じように気温が上昇すると
逆に命に火が宿るようで安心する事ができます。
冬の方がもちろん晴れているとはいえ
温度でいえば全然低い温度なんですけどね。

 
秋だと晴れていと、「天高く馬肥ゆる秋」と言うように
雲ひとつない青空が広がります。

 
春は少しずつ晴れている時間が長くなり始め
夜になるとまだ多少は冷えるものの、日中は過ごしやすい気温となります。
夏が近づくにつれて、晴れの日だと気温も上昇し
少し動いただけでも汗ばんでいきます。
 

このように、同じ晴れの日でも、四季によって異なりますし
晴天、碧天などのように呼び方自体が違うこともあります。