晴れの日はバイト行くのがラク

一口に晴れといっても色々な種類があるようで
1日だけのアルバイトをよくする人には
ケッコー気になるのがこの天気です
 

基本的に、天気は晴れていた方が、行動は起こしやすいのですが
砂漠地帯のように、数ヶ月に1回や、年に数回しか雨が降らないで
晴天続きなんてことになると、今度は水不足になるのではないか
という別の心配事は出てきてしまいます。
 

同じ晴れという事でも、夏場の晴れの天気と
冬場の晴れの天気とでは全く異なった意味を持っているような気がします。
日本には四季があり、それぞれのシーズンでの晴れや雨、曇りなど
それぞれに違った顔をみせてくれています。
 

真夏の晴れは、気温の上昇すればするほど、私たちの体力を消耗させ
命の危険すら感じさせられることもあるくらいです。
 

冬場はの晴れは、同じように気温が上昇すると
逆に命に火が宿るようで安心する事ができます。
冬の方がもちろん晴れているとはいえ
温度でいえば全然低い温度なんですけどね。

 
秋だと晴れていと、「天高く馬肥ゆる秋」と言うように
雲ひとつない青空が広がります。

 
春は少しずつ晴れている時間が長くなり始め
夜になるとまだ多少は冷えるものの、日中は過ごしやすい気温となります。
夏が近づくにつれて、晴れの日だと気温も上昇し
少し動いただけでも汗ばんでいきます。
 

このように、同じ晴れの日でも、四季によって異なりますし
晴天、碧天などのように呼び方自体が違うこともあります。